Blog

除草剤の共同

2018年11月28日 JA全農は11月27日、三井化学アグロ(株)との新規水稲用除草剤「サイラ/CYRA」の共同開発を発表した。 新規除草剤「サイラ」含む品目. 2020年1月9日 エフィーダ」は、 同社とJA全農が共同開発した新規除草剤。2019年から販売を始めたエンペラー剤(1キロ粒剤、フロアブル、豆つぶ250 、ジャンボ)、  2018年11月27日 三井化学アグロ(株)との新規水稲用除草剤「サイラ®/CYRA®」の共同開発について. JA全農は、三井化学アグロ株式会社(本社所在地:東京都中央  2018.11.27. 三井化学アグロ株式会社. 三井化学アグロ株式会社(社長:小澤 敏)は、全国農業協同組合連合会(JA全農)と共同で、新規水稲用除草剤有効成分  2019.09.24. 三井化学アグロ株式会社. 三井化学アグロ株式会社(社長:小澤 敏)は、全国農業協同組合連合会(JA全農)と共同で開発を進めてきた新規水稲除草剤有効  においては、法に基づく登録を受けていない農薬を農作物等の病害虫又は雑草の防除のために使用することを禁止しており、農薬に該当しない除草剤(法第22条第1項に 

2020年1月9日 エフィーダ」は、 同社とJA全農が共同開発した新規除草剤。2019年から販売を始めたエンペラー剤(1キロ粒剤、フロアブル、豆つぶ250 、ジャンボ)、 

れ,全国農業協同組合連合会との共同開発により実用化さ. れた,農薬としては新規のオキサジノン骨格を有する水稲. ならびに芝用除草剤である.オキサジクロメホンは,移植. 4-HPPD阻害型水稲用除草剤に感受性を示す新規需要米の漏生籾対策 除草剤抵抗性遺伝子HIS1の作用機構解明による品種開発と新剤創製(HIS1共同研究グループ) スーパーウィード(英語: superweed)とは、農薬の効果がない雑草のこと。スーパー雑草とも表記される。遺伝子組み換え作物との受粉により、除草剤に対する薬剤抵抗性を持った野生の と、野生植物の受粉によるものとされ、米農務省と米雑草学会の共同報告では、除草剤の無差別な使用が状況悪化の悪循環に繋がっているとの発表がある。 2014年6月6日 これは除草剤が効かなくなった「抵抗性スズメノテッポウ」で、ひどい場合には 剤研究協会と共同で、抵抗性スズメノテッポウが繁茂した圃場でも効果的 

2019年7月26日 プレスリリース (研究成果) 日本型イネ由来の新規除草剤抵抗性遺伝子HIS1の発見 - 複数の除草剤を不活性化する仕組みを解明 - (外部リンク: 埼玉大学).

2019年3月15日 除草剤は、大地や水を汚し、微生物・虫を殺し、人の健康、自然を破壊します。 弊社は、今後グリホサートを含有しない除草剤に代替えしてまいります。 2018年12月4日 新規水稲除草剤「ビンワン」について. 全国農業協同組合連合会 営農・技術センター. 農薬研究室. 池町 健太 …………16. 産地を訪ねて∼埼玉県 さといも  2018年11月16日 浦添市内の公園における除草剤散布の報道につきまして、周辺住民 当市が委託契約している指定管理者(うらそえ公園管理共同企業体)が、市内公園  2019年1月17日 アース製薬株式会社(本社:東京都千代田区、社長:川端克宜)は、除草剤「アースカマイラズ 草消滅」シリーズより、大容量タイプの『アースカマイラズ 草 

2019年9月24日 全国農業協同組合連合会(JA全農) 都中央区、代表取締役社長:小澤敏)が開発を進めてきた新規水稲用除草剤有効成分「サイラ(R)」(一般名:シクロ 

2019年12月17日 両社はこの度、共同研究開発を同じ拠点で行うためプロジェクトセンターを設立した。2016年より両社は除草剤の使用量を大幅に削減する高精度の除草剤  共同購買事業 全国農薬協同組合の共同購買事業では以下の商品を取り扱っています。 除草剤, スナップショット粒剤, 園芸, ダウ・アグロサイエンス日本株式会社. 2019年7月25日 一室長らと共同で、水田生態系において、除草剤散布による水草の減少がトンボを始めとする捕食性昆虫の個体数に間接的に影響し、その影響の大きさ